2005/03/07

思い出した。三河島のジャガイモ鍋について。開店してからしばらく経つけど、たいへんよい店だったので、書いとく。

まず、デフォルトで出されるキムチの種類が多い。そもそもこの界隈は在日朝鮮人が多く(この辺が日本で働いている韓国人の多い新大久保とは違うところ)、彼らが食事をするための韓国家庭料理店が多いんだけど、こういった店のメニューには日本人向けのチューンがほとんどない(っていうか、メニューもハングル)。だから、頼まなくてもサービスでキムチが出る。しかもうまい。で、とくにこのジャガイモ鍋屋は種類が多かった。辛いのだけじゃなく、ナスとか二枚貝といった日本ではめったに食べられないのもあって、うれしい。
初めてなので、とりあえず看板メニューのジャガイモ鍋ははずせない。これがねえ。スジ肉の出汁が甘辛くてたまらない。そのスープでジャガイモを煮込むんだけど、ジャガイモが煮えるまでスジ肉をしゃぶりながらマッコリを飲んでるのが最高。青物がエゴマの葉っぱというのもよかった。もちろんジャガイモもうまい。最後にゴマ油たっぷり注いでおじやを作ってくれる。
あと、蛸炒め。コチジャンで玉ねぎなんかと一緒にざっくり炒めてるだけなんだけど、蛸って本当にうまい。
それから、豆ビジ(だったと思う)。知らないメニューなので頼んでみたけど、おからスープなのかな。ベースは豚肉のスープで、辛くない。やさしいんだけど、しっかり豆の味がする。何度も言うけど、こういうスープはアルコールの回った身体に沁みる。

サービスもよい。とはいっても「はいよろこんで」とかじゃないから。お店の人はどっちかとっていうとぶっきらぼうだし、決して入りやすい雰囲気の店ではないけど、日本人の客にも同じ態度で接してくれる。わからないことも丁寧に教えてくれるし、値段も良心的(2人食いすぎ飲みすぎで9000円)。まあ、日本語が通じるっていうのが一番ありがたいわけですが(この界隈では当たり前のことではない)。

gooのクーポンが使えるって張り紙があったのを思い出したので調べたら、あった。http://machi.goo.ne.jp/03-3805-1454
ジャガイモ鍋はカムジャタンというらしい。

No comments :