2005/03/30

毎日のダース白と PEPSI Twist、計 257 円。
[戒]いかなるときも不得手な人の意見を信じてはならない。
ようするにTさんにだまされたわけだが、これは復讐か? 昨日の復讐なのか!

2005/03/28

つまり受けがいいかどうか。そんな世の中に誰がしやっがた。まあ、本音いうとどっちだっていいんだけどさあ。仕事でやってる以上、相対的には悲劇に変わりないわけで。


というふうに憂えるのは90年代スタイル。21世紀になったらどうすればいい?
やんなきゃいけないことが多くて圧死しそう。
給料仕事ってのは、全部が全部自分自信にとって好ましいことではないから、ちゃんと休まないと。みたいなことを書くと、その日の糧にも困っている人はどうするんだということを言い出す奴がいるが、それとこれとは別問題なんですよ。この生物にとって「生きるか死ぬか」は個体に固有の問題ではなく、共同体のなかでしか意味を持たないから。かといって、人はパンのみで生きるわけではないという話でもなくて、要するに問題の質が違う。つまり、これは「僕の」問題であって、誰かが導いてくれるというのはアリ型迷惑です。

2005/03/27

家で仕事のはずなんだけど、奥様と浅草に七味を買いに出かけた。ちょうど浅草寺で神輿のお堂下げに遭遇。



浅草寺の境内から、重量感のある 神輿が急な階段を斜めに降りてきて、蒼天の紫の段幕をくぐる。宗教感ありすぎ。外人大喜び。にしてもだ。お寺から神輿が出てくるって、教養のある外人には 理解できなそう。あと、神輿を担いでいるのは japanese gangster です(もちろん実際にはそうともかぎらない)って説明したらびびるかな。
毎年三社で担いでる KN によると、昨晩がお堂上げで、篝火のもと神輿が境内に搬入されたらしい。誘ってよ。

2005/03/24

吉野屋の異常な込みっぷりは株主として歓迎すべきことなのだろうか。にしても、千代田区の某店は質が低いなあ。煮詰まっちゃってるし、七味の柚子は少ないし(海苔ばっか)、サラダの補充はないし、会計間違えるし。ラインナップが複雑になってからというもの、間違えやすくなっていることはわかる。こっちも、サラダなどのオプションを気分で追加してるので、追い討ちをかけているかもしれない。しかし、豚丼並キャンペーン価格とポテトサラダで440円ってどういう計算なんだろう。気づかなかったほうも気づかなかったほうだけどさ。

2005/03/23

数学、他国語、ビリヤード、コミュニケーション。抽象化されたものの扱いは、訓練でしか習得できない。

2005/03/22

しらない間にこんなものが出ていた。 4722

47研究所の製品は(アンプしか聞いたことないけど)強烈に速い。ソースによっては聴いていて精神が参っちゃう。だから、ゆったりと午後の紅茶のお供に音楽を流すのはお勧めしない。聴くことを強要される。もちろん、仮にそれで耳障りだったら演奏や録音に問題があるからなわけで、たいていは、むしろ、音が抜けて気持ちいい。そんな47研究所のスピーカー(しかもフルレンジ)ですよ。価格は書いてないけど、どうやらペアで16万くらいっぽい。どうしようかなあ。どうしようかなあ。どうしようかなあ。

2005/03/21

自転車の前輪ブレーキワイヤが切れた。直すの面倒だなあ。でも、直さないとかえって面倒なのだった。
どうでもいいが、このように面倒なことのバーターばっかりで生きているのは美しくない。いや、どうでもよくないぞ。つまり、より快適な道を選んで進むことは、終点が1つならcoolだけど、そうでなければ腐ってる。
猫とベトナム戦争
先月作った ARII の 1/144 F-4E PHANTOM
前から
上野公園の猫

2005/03/20

今日、衝撃的な事実が判明した。なんと今シーズンの「あっさりショコラ苺」は終了したっぽい。というわけでチョコレートは冬の時代に。
競争の結果として品質が淘汰されるパターンと、リピーターへの依存の結果として品質が淘汰されるパターンがある。

2005/03/19

印刷が終わらない。何もかも終わらない。終わらないほうがましなものってある?

2005/03/18

朝から「あーたーらしい朝が来た。きぼーの、朝だ」とリフレインしている日はいまいちという経験則がある。

2005/03/15

朝の能天気はどこへいった
三省堂で衝撃的な本を見つけた。『PICマイコンでつくるインドア・プレーン―ラジコン飛行機を作って飛ばそう

正直、ラジコンとか別にたいした興味はないんですよ。何せ小さい頃には金がなくて遊んだこともないから。プロポを握ったこともない。まだ読んでいないけど(買うには買った)、この本の衝撃的なところは「インドアプレーンが作れる」ことではなく、「アイデアとその実現に必要な技術を上から下まで扱っている」ことのように思える。まあ、だとしたら書名や装丁に工夫の余地があったんじゃないかと思うんだけど、CQ出版的にはPIC解説書シリーズの1冊として無難に出したというところなんだろう【推測】。なんにせよ、これでTODOリストにインドアプレーン遊びが追加されたわけか……

2005/03/13

あやうく忘れてて、あしたhisashimさんに殺されるとこだった。
今日は仕事で簡単な写真撮影。滞りなく終了。日曜日に来社いただいたばかりか長話におつきあい頂き、たいへんありがとうございました>hさん。おまけに花粉でぐしゃぐしゃ状態で失礼しました。どうでもいいけど今日の花粉の量はなんなのさ。

さて、帰りに秋葉原のジャンク屋の前を通ったら、HHK Lite の 2 じゃないほうが 2000 円で大量放出されている! 興奮して 2台ばかり鷲づかみにしてレジに行きかけたけど、不良ばっかだったらどうするよ。ということで、冷静になって状態の良さそうなものを 1台選びだした。
レジで店員に「80円ありますか?」と尋ねられ、80円あるなら1980円にしてくれるっていうから財布を見たら、直前に購入した『チャーリーズ・エンジェル ファーストシーズンBOX』のお釣りで80円あった。得したような錯覚になるけど、無駄遣いの結果であることに代わりありませんから。
ご飯のスイッチを入れ忘れてた。「ご飯のスイッチ」ってなんだろね。

2005/03/12

「東京ラーメンなら『鶴』」と声を大にして言いたい。日暮里にある店なんだけど、スープも麺もものすごく真面目に仕込まれていて、うまい(麺も手打ち)。水道橋に北京亭という中国家庭料理屋があって、そこのラーメンからうまさを引かずに動物性油を抜いたといえば分かる人には分かるかなあ。鶴の出汁は鰹ベースだと思うから、厳密には正しくないんだろうけど、そういう雰囲気ってことですよ。
この国には新築主義や新車主義と呼べる一派が存在する。文字通り、新築にあこがれ新車のシートにかかっているビニールをはずさないような連中だ。もっとも、この手のシートに関しては自分もたいてい付けっぱなしだが、それは単に面倒くさいからに他ならない。ここで強く否定したいのは、「新築」や「新車」が中古より優れているという錯覚である。で、新しいもの最高という思想の危険性を考えてみたんだけど、よくよくよく考えてみたら、別にとりたてて危険じゃないような気がしてきた。プチ敗北感。

それはともかく、この手の「新しさ」信仰にヤヴァイものを感じるのは確かだ。

自分は、新築や新車に特別にポジティブな感情はない【断定】。そして、例えば車なら、むしろ中古のほうがいい。なぜなら、新車として購入できる車に魅力的な製品がないから。この場合の魅力は、コストという要因も含まれてはいるが、単にそれだけではない。住居にしたって、建て売り一戸建ての新築住宅だけは絶対に購入したくない。これは、最初は上物がなくて間取り変更プランとかが可能な場合であっても(つまり建築条件付きの土地販売の場合でも)同じ。結局のところ、それらの「新しさ」は、誰かが使っていないというだけであって、そんなものは(少なくとも自分が車や家に求めるものに対しては)付加価値ではない。付加価値もないのに何割も価格が高いものをあえて選択する理由はない。だから、「誰かが使っていない新しさ」を求めるのは、エロゲーの女の子に彼氏がいる設定だったことにキレるやつのキモさと同じものを感じる。

感じることを書くと収集がつかないね。

2005/03/11

RSで900円で売ってるじゃん。まあしかし送料かかるしな。←慰め
彼は、所要で秋葉原に出かけてキョードーに立ち寄った。店を出ると TDA1552Q を手に持っていた。一方、財布からは1500円が失われていた。

『資本論』

2005/03/10

もうほんとにいやになるくらい事務処理NEET>自分
また小言をいってしまった。小言の趣旨を書くほどばかばかしいことはない(これは修辞であって、本当はもっとばかばかしいことはたくさんあります)。けど書く。

ようは、価値観の違う相手とコミュニケーションをとるのはキューバ危機の回避ばりに難しい所業だから(これは修辞ではない)、あまり無理するな、ということ。たまたま今回は「形式」を重視するかどうかについて価値観の相違がある例で、自分は重視しない派に近い立場だから、小言の趣旨を誤解されたかもしれない。まあ、それについてはそれで言いたいこともあるけどね。

2005/03/09

自分は「IT」(あくまでもカギカッコつき)に関しては外野にいるわけだが、同じ外野でプレーしている人たちを勝手に観察すると、明らかにグラウンドではないところ(解説席とか)でプレーしている場合が多くて驚く。誤解されてもいいという前提で断言してしまうと、白球を視線で捕らえつつ自分では捕球しないプレー(もっというと「自分とは別の世界の何か」という認識)。これは、都内で消費される有機農法野菜を作る群馬県の農家が、自分たちの食う野菜を近所のスーパーで買い続けるのに似ている。そんな事例が本当にあるか知らないし、経済をモデルにして一般論を書くと難癖をつけられそうなので、これ以上は考えない(社会学者じゃないし)。ただ、自分に関係なかったり興味がなかったりするモノの生産にかかわるスキルと、事務処理やマネジメントをこなすスキルには、近いものがあると思った。
きょうもてんきがいいのでTさんとまるかにいった。

うまくなったという評判もあるらしいけど、麺は相変わらず東京に迎合しているように思える。茹で具合を「かため」で注文できることはわかった。
今日の再発見。
どんなに無意味なことでも手続きにのせれば有意義になるんですね!
いまさら当たり前のことを書くと、ソフト(⊃コンピュータソフトウェア)を誰もが複製できるようにすることが違法なソフトの違法な流通を防ぐ唯一の方法でしょ、要するに違法なソフトを購入することが無意味な状態になるわけで。著作権者が制作にかけたコストの回収とかパクリとコピーの線引きとかは後になって考えればよろしい。WorldComだって、海底ケーブルを引きまくった頃には設備投資の確実な回収方法なんて念頭になかったはずだ。事業としてはこけたが、それはITというキーワードに対する妄想が過剰だったことによる影響が大きい。UUNetは消えてなくならないし。まあ、WorldComの例は思いつきだけどね。とにかく、スポーツとか広告といった粗利を稼ぐんじゃないビジネスが巨大な産業として成り立つのに、ソフトは相変わらず粗利で稼がせてくださいよろしくっていうのは、エンドユーザーを馬鹿にしてるような気がする。
といいながら、「コンテンツの対価に依存しない収益モデル」とか言い出す奴のことは信じられない。これは矛盾しているだろうか。  ?。
上野公園に黒い鳩を見た!

2005/03/08

夜になると頭がさえてくるときがある。いつもじゃない。これはつまり、毎日同じ時間におきて同じ時間にご飯を食べて同じ時間に出勤して同じ時間に帰って同じ時間に寝るのはたまらなく馬鹿げているということだ。火星に住むより馬鹿げてる。火星も地球も自分と1日が違うという意味では同じ世界だね。ラグランジュポイントなんかじゃなく、太陽を廻る周回軌道上でオレ1日がちょうど得られるポイントにコロニーを作ってください。

コロニーとか言ってんじゃないよ。
てんきがよいのでTさんといもやにいってみた

(読点は読み書きが苦手な人のためにつけるらしい。同様のことは漢字にもいえるか)

午後は600円分働かなければ。
なんで朝になると目が覚めるんだろう。
疑問に感じたことを無防備に相手に投げかけるのは妥当じゃない。わからないことは積極的に尋ねるべきだと思うけど、疑問に感じるだけでは個人的な行為すぎますから。どうして疑問に感じるのかを一般に共有できるコードで消化して、それを相手に説明しないと、お前は何を言っているのだ状態に陥るって。しかも、相手が本気で考えてくれる人であるほど問題は深刻になる。

例えば、A は x を疑問に感じるけど、B は疑問に感じたことさえもないとする(当たり前だとすら思っていなくて、本当に無意識)。そこで滅多やたらに A が x について問題提起すると、B は混乱するか、あるいは反発する。こういう x は意外に多い。しかも、B からすると、はっきり言ってどうでもよすぎる問題が多い。このとき、A が左だったりオールドタイプだったりするとたちが悪い。○○には形式的な書類が必要だと言い出したり、ネクタイを締めない奴は無礼だと言い出したり、○○は差別用語だと言い出したり。

何がいいたいんだかよくわからん自分は、この場合、A。

2005/03/07

思い出した。三河島のジャガイモ鍋について。開店してからしばらく経つけど、たいへんよい店だったので、書いとく。

まず、デフォルトで出されるキムチの種類が多い。そもそもこの界隈は在日朝鮮人が多く(この辺が日本で働いている韓国人の多い新大久保とは違うところ)、彼らが食事をするための韓国家庭料理店が多いんだけど、こういった店のメニューには日本人向けのチューンがほとんどない(っていうか、メニューもハングル)。だから、頼まなくてもサービスでキムチが出る。しかもうまい。で、とくにこのジャガイモ鍋屋は種類が多かった。辛いのだけじゃなく、ナスとか二枚貝といった日本ではめったに食べられないのもあって、うれしい。
初めてなので、とりあえず看板メニューのジャガイモ鍋ははずせない。これがねえ。スジ肉の出汁が甘辛くてたまらない。そのスープでジャガイモを煮込むんだけど、ジャガイモが煮えるまでスジ肉をしゃぶりながらマッコリを飲んでるのが最高。青物がエゴマの葉っぱというのもよかった。もちろんジャガイモもうまい。最後にゴマ油たっぷり注いでおじやを作ってくれる。
あと、蛸炒め。コチジャンで玉ねぎなんかと一緒にざっくり炒めてるだけなんだけど、蛸って本当にうまい。
それから、豆ビジ(だったと思う)。知らないメニューなので頼んでみたけど、おからスープなのかな。ベースは豚肉のスープで、辛くない。やさしいんだけど、しっかり豆の味がする。何度も言うけど、こういうスープはアルコールの回った身体に沁みる。

サービスもよい。とはいっても「はいよろこんで」とかじゃないから。お店の人はどっちかとっていうとぶっきらぼうだし、決して入りやすい雰囲気の店ではないけど、日本人の客にも同じ態度で接してくれる。わからないことも丁寧に教えてくれるし、値段も良心的(2人食いすぎ飲みすぎで9000円)。まあ、日本語が通じるっていうのが一番ありがたいわけですが(この界隈では当たり前のことではない)。

gooのクーポンが使えるって張り紙があったのを思い出したので調べたら、あった。http://machi.goo.ne.jp/03-3805-1454
ジャガイモ鍋はカムジャタンというらしい。
ところで一昨日は、二次会後にホテルの部屋で新郎新婦と一緒にワインを飲むという寓居を犯してしまった。そして、いろいろなことを考えたんだけど、みんな忘れてしまった。覚えているのは、なんかいい夫婦だよなあ、ってことだけだ。これからは家に帰ったらすぐに随感をまとめること。それがブログロ。うそです。これはブログロではありません。
緊張感というやつは魔物で、さまざまな要素が揃わないといい方向では機能しない。だから緊張感のない生活がいいんだ。これは詭弁だ。どうすれば緊張感を見方につけられるかは、さっきコードで書いた。ところが緊張感をもたらしてくれるものは依然としてわからない。少なくとも今の日本で労働は緊張感を生まない。雇用も緊張感を生まない。昔は手続きが緊張感を生んでいたと思う。むかつくけど。手続きは平和ボケの事務仕事に起源を持つと勝手に言わせていただく。ようするにさあ、確定申告が面倒すぎ。
while (1){
sitch(event){
event = あれ:
mind = 緊張;
event = これ:
mind = 緊張;

default:
mind = 能天気;
}
if (mind == 緊張){
if (health && skill && environment && society && income && family && interesting && … && luck == 良好);
do good job;
} else {
break;
}
}
}
これは何か特別なことを言っているのではなく、単にビリヤードがうまくできないのはなぜだろうという話です。

2005/03/05

2005/03/03

nya-
昼ご飯を食べると眠たくてしかたない。なんにせよ禁煙じゃない店はつらいなあ。
オチをつけないと気がすまないのは貧乏しょう。どうでもいいけど緑色の時計が回ってきたから今日は早く帰って家で作業することにした。ほんとは雪がふるから。

やっぱりどうでもいいけど、「から」で文章を終えたがるのは名前付けたがりのヘーゲル(特に左)のみなさんよりたちが悪いとおもう。

2005/03/02

「論理的な思考が可能ならば理系」⇒「仮説の証明を試みるならば理系」を示せ。

proof
仮説の証明を試みることはできるが、理系ではない奴がいるとする。理系ではないので、仮定より、彼には論理的な思考が不可能である。したがって彼には、あらゆる仮説について、その論理はわからない。仮説が理解できないので、証明を試みることはできない。これは矛盾。ゆえに、仮説の証明を試みる理系でない奴は存在しない。q.e.d.

どうでもいいが、現実には、傍証を集めることで何かを示すことはできる。これは(俗にいう)論理ではない。しかし、「傍証を一定数集めればOK」という公理のもとでは論理といえる。司法ではこの公理が認められているような気がする。論理なんて命題と推論法則だけで決まるんだから、文脈によっていくらでも恣意的に濫用できるものなわけよ。だからどうなんだというコメントは自動的に削除されるようになっております。

2005/03/01

第3次くらいの個人的ピアソラブーム到来の予感。それというのも、 Piazzolla BOX (10CD) を買ったから。1460円。激安。
あまり期待しないでおうちで聞いたら、びっくりした。正確に書くと、びっくりしたタイトルがいくつかあった。この価格にもかかわらず、サンプリングはしっかりされているようで、耳障りな録音もほとんどない(しかしこれは再生するシステムにもよるとは思う)。選曲(っていうか曲順)には若干の疑問もあるが、この価格なら文句いわない。こういうCDには Amazon では出会えないので、やっぱりたまには Tower Record に出向くといいことがあるもんだね。新宿のディスクユニオン Jazz 館にも同じことがいえるが、どうして書店だとそういう例がないんだろう。答え 店員の裁量よりも強力な意思が存在するから。