2004/11/20

いちおうまとめ。

Jon Watts / Stepping off: JASON FORREST
ライブ用のブートレグっぽい。LOTRネタはちょっと笑えた。

Hannas Hayha / I Love Death: LODGER
ありがちな手だけど、Flash MXでつくってたのね。

MONKMUS / Year of the Rat: BADLY DRAWN BOY
ただのアニメ。愛は地球を救いません。が、最初の女の人の作画はいい感じだった。

Slliot Jokelson / String at the Sun: TV on the Radio
男性のアップは避けてください。

Jonas Odell / Take Me Out: Franz Ferdinand
いかにもブリティッシュロックのPVっぽい構図にオーバーラップされたパターンが奥行きの演出に効いていたし、ところどころで使われるアニメーションのシンクロっぷりも心地よかった。

Dougal Wilson / Three Girl Rhumba: KLONHERTZ
紙飛行機が鋏に追われるシーンで、去年かそこらに見たレゴの宇宙船が徐々に組み立てられていくMEGADEMOを思い出した。なんでだろ。関係ないのに。しかしレゴといえばやっぱりゴンドリーなわけですよ。

John Maclean, Robin Jones/THE BETA BAND / Assessment: The Beta Band
これは面白かった。カメラを乗せた車の轍が砂浜に残りっぱなし、という割り切りも好き。

Chris Hopewell / EQUUS: Blonde Redhead
マネキンと馬だけじゃ引っ張れないと思う。あまり好きではない。

Brett Simon / BERRY: Polar Bear
だから、男性のアップはやめてください。

IF/THEN / Tonight on the WB: The Comass
女の子がマスタングっぽいのの屋根に乗っかってる絵と、機動隊の頭に浮いている文様と、最後の爆発シーンがとても好き。夜なのにメリハリがあってきれいな映像もよい。

Brad Peyton, Marc Beurteaux / Young Lions: The Constantines
覚えてない。

Kuntzel & Deygas / Come Home Billy Bird: The Divine
普通におもしろかった。機内食の蓋に「Chickenは入っていない」にはちょっと吹き出した。

Plates Animation: So Says I: The Shins
正直、ストーリーはよくわからなかったけど、ペンギンはかわいらしかった。とくに、エスカレーターでうなだれてたやつ。

Marc Craste / Will This Summer Make Good for All Our Sins: MUM
もののけ姫。

Jerome Combe, Andre Bessy / Deux Pieds(Two Feet): Thomas Fersen
江口寿史風のこじゃれた3Dアニメ。見ていて気持はいい。

The Saline Project / Televators: The Mars Volta
気持わるい。

Run Wrake / Try again Today: The Charlatans
ある意味、一番凝っいてたし、世界観もしっかりしてた。明るい色使いと線画の表現は、ありそうで意外に独特の世界観だと思う。最後の水紋で葦の影がゆらめかなかったのがちょっと残念。

Christopher Mills / Float on: Modest Mouse
ひつじがかわいらしい。

Plates Animation / Exotic Talk: RJD2
へんな生物(ロボット?)がいい。Plates Animationってとこの映像は、ペンギンのやつといい、それほど強烈なオリジナリティは感じない。けど、作品としてはけっこう好き(ペンギンしかり)。

Woof Wan-Bau / Wanna Be That Way
ベースの女の子だけフィーチャーしてればよかったのに。

Michel Gondry / Walkie Talkie Man: STERIOGRAM
とにかくおもしろすぎ。

Syd Gordon, Eric Henry / Spkes on the Wheel of Torment: Buckethead
ボッシュの絵って、動くとコミカルなのね。

ARK / Sing for Absolution: Muse
カーボーイビバップ + スターウォーズ + 猿の惑星

No comments :