2006/06/06

歯医者。ここ数週間というもの、抜歯した奥歯の跡をどうするかという問題に頭を悩ませていた。方法は4つ。
  • 放置
  • 左右の歯を柱にしてブリッジをかける
  • 部分入れ歯
  • インプラント
デフォルトの治療方法は2番目のブリッジらしい。でも、そもそもこんな状態になった原因は、10年以上前に虫歯跡にかぶせた金属のクラウンの内部で腐食が進んでいたことだと思っているので、歯磨きによる日常のメンテナンスが困難な治療方法は嫌だ。つまり、ブリッジはいや。それに、ブリッジをかけるには左右の健全な歯を削らなければならないんだって。いまのところ左右の歯にはなんの障害もないのに、それを削るのは避けたい。
ブリッジでなければ、普通は入れ歯になるらしい。うーん。この年齢で入れ歯は遠慮したい。で、いっそのこと放置するのはダメなのかと聞いたら、上下左右の歯に支えがない状態になるため、虫歯はともかく歯茎の病気になりやすいくなるらしい。
というわけで、残された治療方法はインプラントしかないっぽい。インプラントは歯茎の骨に支柱を埋め込み、それに人工の歯を設置する方法で、文字通り新しい歯を一本埋め込む。したがって左右の歯を削ることもないし、かぶせものではないので普通に磨ける。ほかの歯への影響が少なく、メンテナンスが容易ってことで、やっぱり歯の治療もモジュール化が重要だな。難点は保険がきかないこと。1本につき30万円くらいみなければならないらしい。あと、僕の場合は土台になる歯茎の骨が再生するのを待たなければならないとのことで、最悪再生しない場合はブリッジをかけるしかないという問題もある。
ものすごく長いスパンで影響を及ぼすことなので、金額の問題は飲む覚悟を決めた。まあ、ぶっちゃけラップトップ一台分だと思えばいいんでしょ。あとは骨が再生するのを願うばかり。

No comments :