2006/05/06

『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発』の制作方式

ここのところ『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発』の制作方式について意見を求められる機会が何回かあったので、もう半年も前のことだけどまとめてみる。

前提として、ふつうのコンピュータ書籍の制作過程には昨日定義した「後戻り困難ポイント」があり、それが原因で誰かが泣いている。誰も泣かないようにするには、昨日愚痴った「後戻り困難ポイント」を埋めてしまえばいい。それには、現在の手作業によるページレイアウトの工程(つまり組版工程)を放棄して、内容に責任を持つべき人間が印刷の直前までハンドリングできるようにすればいい。

『RailsによるアジャイルWebアプリケーション開発』の制作では、この方針を実現すべく、以下のような方法を採用した。
  • 印刷所に納品するデータはフォント埋め込みのPDF
  • そのPDFはLaTeXによる組版データから生成する
  • しかし原稿はLaTeXではないので、原稿をLaTeXに変換するスクリプトを用意する
  • 原稿はSubversionで版管理する
こうやって書き並べると単純すぎる話だけど、これらの方法を採用することによるメリットは強大だった。なにせ、著者(監訳者)や編集者がSubversionからチェックアウトした原稿(≠組版データ)を印刷の直前まで自分で修正でき、その結果が人手を介さずに印刷用の最終的な組版データになるんだから。ようするに、昨日の「後戻り困難ポイント」のうち、組版→編集→執筆の容易な還流が可能になる。あるいは、こういいかえてもいい。これまで組版の工程にかけていた数ヶ月の期間をゼロにできる!

たぶん、こんなのはソフトウェア開発では当たり前のことなんだと思う。ソースコード(原稿)を版管理し、それをデイリービルド(組版)しながら開発(制作)するってだけの話なんだから。ところが現在のコンピュータ書の制作では、コンパイルやビルドに相当する「原稿を組版にする作業」が完全に手作業なため、組版した後で判明した問題を原稿に戻って直したり、直して組版し直した結果をすぐに確認することができない†1

実現にあたっては障壁もいくつかあった。まず、原稿がLaTeXじゃない。また、仮にLaTeXであっても、それだけでは印刷所に安心してデータを渡すことはできない(印刷所の環境で同じようにコンパイルできる保障がない。そのため、印刷所の環境でコンパイルした出力を確認するという作業が不可欠になってしまう)。

印刷所に渡すデータの問題については、PDF/X-1aという業界標準があるので、それに準拠したPDFを生成できれば問題ない。これについては「Debianにotfパッケージをインストールして、dvipdfmxでOpenTypeフォントを埋め込んだPDFを吐き出すまで」を参照。

原稿がLaTeXじゃない問題については、まず原稿がどんな形式だったか示す必要があるだろう。こんな感じのテキストデータだった。
■H1■はじめに
■H2■本書の読み方
本書は初めてRailsに触れる人うんぬん……

★Rubyのコード
本書にはRubyのコードがたくさん出てきます。
しかも予約語は太字に、ダブルクォーテーション内はスラントにしなくちゃなりません。
◆→コード←◆ruby
puts "Hello World"
◆→ここまでコード←◆
ちなみに★で始まってる部分は小さな見出しつきの項目になります。

ここは、また本文に戻ってます。

● 箇条書きもあります。
こんなふうに、なんとなく箇条書きな部分がタブで示されています。
● もうひとつ箇条書き

また本文。

◆→コラム←◆Joeの疑問
枠で囲った記事もあります。「David曰く」「Joeの疑問」のほかに、何も指示のないコラムもあります。
◆→ここまでコラム←◆

1. 箇条書きとは別に
2. 連番もあります

■H3■もっと細かい本書の読み方
脚注もつけなければ◆→訳注 ←◆

■H2■終わりに
おしまい。
これは下訳をお願いした業者さんがよく使っている形式(というか編集指示)を拡張したものだけど、多かれ少なかれどこも似たような「マークアップ」を使っているようだ。見てわかるように、あくまでも人間が手作業で組版するためのコメントみたいな指示書き程度しか施されていない。コンピュータでそのまま処理するにはちょっと厄介な状態といえる(しかも、バリデータなんてないから、けっこういいかげん)。

このような「自然言語+簡易マークアップ」の構造を読み取って適切なLaTeXのスタイルに対応付けるためのフィルタを用意する必要がある。今回はゆるい規則を処理しなければいけないこともあって、後から柔軟にフィルタの仕様を変更できるようなGaucheスクリプトを正月にでっちあげた(私的に余暇を利用して作ったものなので、後日公開する予定。いま見返すと謎な処理が多いけど、なんとか目的の動作は実現している)。

上記の例の変換結果は以下のとおり。
\chapter{はじめに}%

\section{本書の読み方}%

本書は初めてRailsに触れる人うんぬん……%

%

\begin{entry}%
\item[Rubyのコード]
\item 本書にはRubyのコードがたくさん出てきます。
\item しかも予約語は太字に、ダブルクォーテーション内はスラントにしなくちゃなりません。
\begin{ruby}

puts \codesl{"Hello World"}
\end{ruby}%
\item ちなみに★で始まってる部分は小さな見出しつきの項目になります。%
\end{entry}%

%

ここは、また本文に戻ってます。%

%

\begin{myitemize}%
\item 箇条書きもあります。%
こんなふうに、なんとなく箇条書きな部分がタブで示されています。
\item もうひとつ箇条書き%%
\end{myitemize}%

%

また本文。%

%

\begin{column}{J}{の疑問}
枠で囲った記事もあります。「David曰く」「Joeの疑問」のほかに、何も指示のないコラムもあります。
\end{column}%

%

\begin{enumerate}%
\item 箇条書きとは別に%
\item 連番もあります%%
\end{enumerate}%

%

\subsection{もっと細かい本書の読み方}%

脚注もつけなければ\footnote{\kern-.5zw[訳注]}%

%

\section{終わりに}%

おしまい。
このLaTeXの出力から書籍にするには、さらに各要素についてスタイルを定義する必要がある。実はこの作業がいちばん大変なところなんだけど(LaTeXのいい加減な規則や拡張に起因)、これは会社の業務として作成したものなので今のところ公開できない。まあ、LaTeXの泥臭いところが満載なので、実際のところあまり面白くないし。

さて、ここまでは、この方法が従来の方法に比べて万能であることを意図的に強調してきたけれど、現実には適用できないプロジェクトが大半である。著者や制作業者の並々ならない協力が必要なこと、全員がアクセスできるサーバ環境が必要なこと、編集者に現状に対する問題意識が少ないこと、など原因はいろいろある。今回はとくに変換スクリプトをSchemeで作っちゃったりしたので、問題意識のある編集者であっても実際に使ってもらいにくい。

希望はある。こういった問題を解決して汎用性の高いツールにまとめあげる大仕事を身を挺して背負ってくれそうな人がいる。できる限りの協力はしようと思う。



もちろん例外はあって、最初から(商品として妥当な)レイアウトを含めて執筆された(執筆者のローカル環境以外でも同様にコンパイルが通る)LaTeXの原稿があれば、少なくとも執筆者は現在でも最後まで原稿を修正できる。ただし、編集者にLaTeXのスキルがなかったり、印刷所でコンパイルが通らなかったりして、必ずしもうまくいくとは限らない。

No comments :