2006/09/18

ときどきむしょうにハンダ付けがしたくなる。ちょうど先週、妙に面白いキットばかり開発して秋月で販売しているトライステートからSHOUTcast形式のインターネットラジオを再生するBBシャウトというキットが発売されたので、これを作ってみた。お値段はちょっぴり張りますが。

SHOUTcastはWinAmpで有名なNullsoftが開発したストリーミング技術で、MP3などのメディアをHTTPの拡張を使ってサーバからマルチキャストするものらしい。受信と再生はWinAmpだけでなくiTunesなどでもできる。ただ、どうやら日本にはあまりサーバがない。現に、Wikipediaには「ストリームの生成にはSHOUTcastのサービスを使うのが現実的な選択」とあるのに、ウィキペディアを見ると「インターネット放送の集合体」という適当な扱いを強いられている。まあ、ジャズとクラシックを無作為に流しっぱなしにするだけなら困ることはない。ところで店舗でBGMに海外のSHOUTcastを流してても、やっぱりJASRACから破廉恥な請求を受ける危険があるのかしら。

で、このSHOUTcast形式で配信されているストリームを受信して再生する専用のボードがBBシャウト。キットは、僕のような素人でも2時間くらいで完成します。いわゆるブロードバンドルータにつないで電源とスピーカーを接続すれば、プリセットされている放送局の音源はすぐに聴ける。

bbshout-env

やっぱり箱に入れないと不便だな。

1 comment :

Anonymous said...

ご存じでしょうが、箱が出ました。

http://akizukidenshi.com/catalog/items2.php?q=P-01750&s=score&p=1&r=1&page=#P-01750